bgs投資を生み出した経緯

bgs投資

これからの日本は超高齢社会によって起こる労働力の不足や年金・医療保障の負担が若者世代に大きくのしかかると言われています。また、外国人労働者が増えることによって雇用問題も不安定になるなど、暗い未来が語られることが多いです。そのため、希望を見せてくれるリーダーの存在を知る必要があります。

生い立ちについて


半沢龍之介は1978年に中国武漢市で生まれました。父親が教授、母親が小学校教頭という、所謂「エリート一家」で教育された彼は5歳の時点で小学校2年生に編入されるほどの頭脳を持っていたのです。しかし、その恵まれた環境に嫉妬をした周囲から、年齢のことや体格の違いなどを揶揄されていじめを受けていたという暗い過去があったのも事実です。しかし、そのような逆境を跳ね除けて学年で1位を取り周囲を黙らせるという反骨精神を身に付けていきました。

彼は中国の中でも最も歴史がある国家重点大学に指定された国立大学の武漢大学日本語科を1999年に卒業、そして日本の栃木県にある足利大学大学院を2002年に卒業し、情報工学修士号を獲得しました。その後、彼はキャリアアップを繰り返し独立、数十社から顧問を担うことによって給与が合計年収1億円を超えることもあるほど実績を積み上げていったのです。

モバイルインターネット業界の希望


bgs投資で知られるClick Holdings株式会社は半沢龍之介氏の才覚があってこそ成り立っていると言われています。それは、彼が今のモバイルインターネット業界を的確に予想していたからです。2011年、当時日本のモバイルインターネット業界でトップランナーだったGREEの中国事業統括ディレクターとコンテンツディレクターに就任していた彼は「日本のゲーム業界は衰退し、世界のゲームがそのシェアを奪う」という衝撃的な言葉を投げかけるのです。

当時、日本は「ガラケー」という独自の携帯文化を形成していましたが、現在はiPhoneと Androidの二大キャリアがモバイルインターネット業界を席巻しています。この流れに多くの日本企業は置いていかれる形になってしまいました。しかし、半沢龍之介氏はアプリゲームを中心としたオンラインエンターテイメントのポータルプラットフォームを構築します。このように、世界をリードするエネルギーがあるからこそbgs投資は注目されているのです。

未来を的確に見据える姿勢


輝かしいキャリアを持つ世界でも有数のビジネスパーソンが半沢龍之介氏です。これは5歳の時点で小学2年生に編入するなど類まれな才能を持っています。そのことが原因で周囲から嫌がらせやいじめを受けたこともありますが、それをバネにする精神力も兼ね備えているのです。武漢大学、足利大学大学院を経て情報工学修士号を獲得した彼は様々なキャリアアップを積み重ねてビジネス界のエリートコースを歩んでいます。

そんな彼が今最も力を入れているサービスがbgs投資です。こちらはオンラインエンターテイメントサービスのポータルプラットフォームとなっています。彼はガラケー全盛期の日本において「日本のゲームの衰退」と「世界のゲームの興隆」を見事の予想してみせました。そして、そのような予想が出来たからこそ、多くの日本企業のように低迷せず着実に成果を見せることが出来たのです。