Click Holdings株式会社代表の経歴

bgs投資

老後2,000万円問題が話題になり、年金だけでは老後を過ごすことが難しくなってしまっています。そのため、しかし、雇われサラリーマンの方にしてみれば、いきなりお給料を増やすことは現実的に不可能だといえます。会社員として働きながら、別の収入源を確保する必要があるのです。効率の良い資産運用を探っていると、bgs投資という投資方法に辿り着きました。

半沢龍之介氏の学歴


bgs投資を調べていくにあたって、最初に気になったのは、どのような会社、どのような代表者が手掛けている投資なのかということです。スマホで簡単に調べられたのですが、どうやらClick Holdings株式会社の代表を務めている半沢龍之介氏が手掛けている投資方法のようです。しっかりとお金をかけて投資するのであれば、投資の内容はもちろん、代表者がどのような考えを持った人物で、どのような経歴があるのかが気になるところです。

Click Holdings株式会社の代表の半沢龍之介氏は、1978年生まれの43歳。出身地は中国の武漢市とのことです。セミナーなどを観ると日本語が堪能ですので、日本生まれかと思っていました。中国でトップクラスの大学として知られている武漢大学を優秀な成績で卒業後、日本に留学をしたそうです。留学した大学は、足利大学です。足利大学では情報工学修士号を取得しました。この経験が、現在の事業に大いに役立っていると思います。

半沢龍之介氏の経歴


足利大学を卒業した後、中国ではなく日本の企業に就職しています。独立するまでいくつかの企業を渡り歩いているのですが、どれもその分野で一流と呼ばれる企業ばかりです。例えば、NTTデータグループにシステムエンジニアとして入社したり、Microsoftの系列会社、日本でも大流行したGREEにも勤めていたりしました。また、スマートフォン向けのゲームを提供しているNEXONでは、アジア事業部長にも就任しています。

2000年に日本に帰化し、現在の半沢龍之介という名前になりました。独立してからは、凄まじいスピードで事業を展開していきます。2014に創業したNDP Mediaを皮切りに、2016年にはCLICK TECHを創業、2018年には、話題のCLICK HOLDINGSを創業しました。その功績が認められ、2018年には、在中国日本大使館から、日中友好文化交流最優秀個人賞を受賞しました。今年の5月には、一般財団法人アジア・日本優秀起業家連盟のアジアゴールデンスターアワード事務局から、2021 優秀起業家賞を受賞し話題となりました。

bgs投資は本当に儲かるのか


bgs投資は、新しいスマートフォンアプリのプラットフォームを構築するにあたって、共同出資者として投資し、そのプラットフォームの利益を還元されるタイプの投資です。彼のこれまでの経歴に加え、実際に日本で中国産のスマートフォンアプリである荒野行動や放置少女、17ライブ、TIKTOKなどをヒットさせた経歴から考えてみても、非常に将来が有望な投資であることは間違いありません。

bgs投資を手掛けている半沢龍之介氏とはどのような人物なのかを調べたところ、よりbgs投資の将来性、安全性が見えてきました。投資ですから、100パーセント勝てると断言することはできませんが、かなりおすすめの投資ジャンルであることは分かりました。